印西牧の原駅の内科・小児科、牧の原いとうクリニック。食中毒の予防方法など。

食中毒を予防しましょう!

今回、家庭でできる食中毒の3原則を御紹介します。

梅雨入りしジメジメした季節になると、気温も上がり、湿度も高くなって、微生物の繁殖にとって最高の条件が整います。食中毒の辛い症状(腹痛、下痢、嘔気、嘔吐、発熱)に悩まされる前に、しっかりと予防しましょう!

食中毒予防の3原則

  1. 菌をつけない
  2. 菌を増やさない
  3. 菌を殺す

「菌をつけない」→手洗い

手洗いの方法、知ってますか?(爪を短く切る。服装は袖が汚れないような半袖等着用)

  1. 手首の5cm位上まで流水で十分手を濡らす。
  2. 水を止めて石鹸を十分泡立てる。(固形石鹸の上でも細菌は繁殖できるため、液体石鹸が望ましい。石鹸を泡立てる事により、洗浄力が増します。)
  3. 両手のひら、手の甲と手の横をよく擦る。指先は入念に。指の間もよく洗う。手首も忘れずに。
  4. 指先を上に向けて流水で30秒以上洗い流す。(水が衣服や床にはねないように)
  5. 手洗いが終わったら、清潔なタオル(使い捨てペーパータオルがベスト)で完全に水分を拭き取り、乾かす。

手洗いのタイミングは?

  1. 外出から帰ってきたとき。
  2. 料理の前、食事の前。
  3. トイレの後、排泄処理の後、清掃の後。
  4. 見た目に汚れてるとき。
  5. 迷ったら、とにかく手を洗う。

「菌を増やさない」→食品の適切な保存

夏場に多い食中毒を引き起こす主な細菌

黄色ブドウ球菌
皮膚や粘膜に常在している菌。傷口の膿の原因菌。傷口のあるときは手袋をして調理しましょう。
サルモネラ菌
鶏卵やネズミに汚染された食べ物などが食中毒の原因となります。卵を割る前に汚れてないかチェック。
大腸菌
腸管に常在している菌。トイレ後、手洗いをしましょう。生野菜はよく洗い、食肉は十分過熱しましょう。
腸炎ビブリオ
海水程度の塩分を好む菌なので魚介類に分布。魚介類は調理前によく洗いましょう。

細菌は、一定の環境と栄養条件で繁殖します。食品の保存温度に気をつけて下さい。

(大量調理施設衛生管理マニュアルより抜粋)

常温
砂糖、穀類加工品(小麦粉、澱粉)、液体油脂など
15℃以下
ナッツ類、チョコレート、チーズ、練乳など
10℃以下
食肉、ゆでたこ、生食用かき、魚肉加工品、固形油脂、卵、野菜類、牛乳、クリーム、バターなど
4℃以下
魚介類
-15℃以下
冷凍食肉製品、冷凍食品など

「菌を殺す」→消毒

家庭にある消毒剤でいうと、キッチンハイターやミルトン(次亜塩素酸)がポピュラーかもしれません。 消毒剤の使用は効果的ですが、これらの消毒剤には細胞毒性があり手アレの原因となりますので、必ず手袋などを着用して使用しましょう。

消毒剤の使用方法のポイント

濃度
薄すぎると効果なし。濃すぎると経済上、環境汚染、副作用の原因となります。
時間
必要以上の接触時間を。時間、濃度は消毒剤の容器に記してあります。
温度
温度は高いほうが効果的。20℃以上で使用してください。
洗浄
有機物(汚れ)、洗剤をよく洗い落としてから、消毒液と接触させてください。
用時調整
使う時に調整をし、調整後は速やかに使用して下さい。時間が経つと濃度変化が起こり、消毒効果も落ちます。

健康まめ知識トップページへ

診療時間

現在コロナ禍のため、時間短縮診療中です。受付は16時15分まで

午前  8:30-12:00

午後 14:00-17:30

予防接種 受付時間

午前  8:30-11:00

午後 14:00-16:00

※予防接種・健康診断ご希望の方はまずお電話ください

休診日

水曜・日曜・祝日

地図

牧の原いとうクリニック地図

大きな地図

24時間ネットでご予約

携帯・スマホ・PCでこちらのページから。※24時間受付

牧の原いとうクリニック予約バーコード

ご予約専用電話

案内に従いプッシュホンで操作してください。※24時間受付

TEL 0476-48-8610

上記のご予約が出来ない方

直接お電話ください

TEL 0476-47-5011

当院における個人情報の利用目的

↑ PAGE TOP