印西牧の原駅の内科・小児科、牧の原いとうクリニック。医師による花粉症情報。

花粉症って?

花粉症対策は?薬はいつから飲み始めればいいの?

今まで花粉症ではなかった人も安心できません!
ひとごとではなくなるかもしれない花粉症について今回、御紹介します。

花粉症って何?

花粉に対するアレルギー反応が起こり、くしゃみ、鼻水、眼のかゆみなどの症状があらわれます。花粉症が自然に治る可能性は5~10%です。加齢に伴って症状が軽くなることがありますが、これは免疫力の低下によりアレルギー反応も低下するためです。現在、花粉症を根治するために、減感作(げんかんさ)療法というアレルギーの原因物質を注射したり舌下投与する治療法が期待されています。

飛散開始はいつごろ?

2月初旬~中旬と予想されます。

花粉症対策は?

ご自分が花粉症であると思っている方は次のようなことをしているようです。
しかしながら、独自の対策のみではなかなか改善しないことも多いようです。

外から帰ったらうがい、手洗い、洗顔
花粉症用マスクをつける
花粉症によいといわれる食品や食物を取り入れる
洗濯物や布団を外に干さない。干したら必ず掃除機をかける
空気清浄機をつける
市販の点眼薬を使用
湿度を保つ(40~60%)

花粉をだすスギの木、どうにかならない?

林野庁の発表では、花粉をほとんどつけないスギ品種を開発し、現在、花粉の多いスギの木の抜き伐りを行っているようです。

薬はいつから飲み始めればいいの?

「花粉症では」と症状を訴え、病院を受診したり、薬局で薬を購入したりする人の中には、 粘膜の乾燥による症状なのに、花粉症と勘違いして、抗アレルギー薬を服用してしまう方もいるため、 原因が何かを検査で見極める必要があります。

花粉症と診断され薬を服用する人は、本格的に症状が出る前に飛散開始日の2週間ほど前から服用を始めると より高い効果が得られるとされています。また、抗アレルギー薬は眠気などの副作用がありますが 、数種類の抗アレルギー薬がありますのでご相談ください。

スギ花粉症の舌下免疫療法

健康まめ知識トップページへ

診療時間

現在コロナ禍のため、時間短縮診療中です。受付は16時15分まで

午前  8:30-12:00

午後 14:00-17:30

予防接種 受付時間

午前  8:30-11:00

午後 14:00-16:00

※予防接種・健康診断ご希望の方はまずお電話ください

休診日

水曜・日曜・祝日

地図

牧の原いとうクリニック地図

大きな地図

24時間ネットでご予約

携帯・スマホ・PCでこちらのページから。※24時間受付

牧の原いとうクリニック予約バーコード

ご予約専用電話

案内に従いプッシュホンで操作してください。※24時間受付

TEL 0476-48-8610

上記のご予約が出来ない方

直接お電話ください

TEL 0476-47-5011

当院における個人情報の利用目的

↑ PAGE TOP